JOURNAL

F. [éf]での花束の選び方

F. [éf]での花束の選び方

F. [éf]は、ストーリーから花束を選んでいただく、花束のブランドです。そのため、基本的にはシーズンごとに3つあるラインナップについて、ひとつひとつの花束のストーリーをお読みいただくことで、お贈りいただく相手にぴったりな花束をお選びいただけます。 ただ、せっかくなら、花束を色々な視点で眺めていただきたい。そう思い、以下の3つの視点をご紹介させていただきます。 お誕生日、大切な記念日。相手がなんだか近頃元気がない時。さらにはなんでもない日のワンシーンに。 花束はキザなんかじゃない。あなたのさりげない想いを伝える最高のアシスタント。 大切な人にぴったりな花束を贈るために、ぜひ参考にしてください。     ストーリーから選ぶ 花束一つ一つが持つ固有のストーリーを、あなたの想いに重ねて それぞれの花束には、入っている花にちなんだストーリーがあります。相手はどんな人で、自分は相手のことをどう想っているか。相手にどんな想いが伝わったら喜ばれるか。そんなことを考えながら選んでみてください。     雰囲気から選ぶ 渡す相手の雰囲気と花束の色やイメージを重ねながら 花束の雰囲気は、色味や花材の素材感などによって構成されます。青みが強い花束、コロコロとした質感の花束、インパクトの大きい花が入った花束…。それぞれに個性があります。一つ一つ、じっくりと見てみてください。     お花から選ぶ 各花束が持つ2種類のメイン花材の名前や花言葉を知ってみて F. [éf]の花束は、各花束にメインのお花2種類が指定されています。それらがふんだんに使われ、花束全体の印象を決めているほか、その花の持つ花言葉から、ストーリーが生まれています。どんな花が使われているのか、ぜひチェックしてみてください。
view more
F. [éf]の花束にぴったりな花瓶の選び方

F. [éf]の花束にぴったりな花瓶の選び方

せっかく花束を買ったならぴったりな花瓶に飾りたいという方も多いのでは。そこでF. [éf]の花束にぴったりな花瓶の選び方をまとめました。 ①花瓶の材質 F. [éf]の花束は透明感のあるカラーのものが多いので、ガラスの花瓶がとても合います。花の持つみずみずしさやさっぱりした雰囲気を出してくれるので、色のないガラスの花瓶がおすすめです。 その他、青や茶色などの色のあるガラス、白の陶器などが合うでしょう。   ②花瓶のサイズ 花束を丸ごと生けたい時は、Regularの場合15~20cm、Smallの場合10~15cmくらいの高さの花瓶がおすすめです。ただし、高さだけでなく口の大きさも重要。花瓶の口が小さいと花束は入りにくいので、直径10cmくらいは欲しいです。 ③家にあるものを花瓶として代用する いざという時に花瓶がない!、あるいは、贈る相手の家に花瓶があるかどうかわからない、という方もいらっしゃるのでは。そこで、家にあるものや、花瓶の中では比較的持っていらっしゃる方の多い一輪挿しを活用して、花束を飾り付ける方法をご紹介します。 まず、ジャーや水差しを使う方法。メイソンジャーや大きめのジャムの空き瓶ですと、Smallサイズの花束なら丸ごと飾れるものもあるでしょう。水差しですとサイズによってはRegularサイズの花束も飾れるかもしれません。 以下の画像の左、"Wonderland"のSmallサイズの花束は、元は取っ手付きのジャーだったものを花瓶として使っています。 次に、コップやワイングラス、化粧水の瓶などの空き瓶を使う方法。花束丸ごとは難しいと思いますが、花束を小分けにすれば、花束丸ごととはまたひと味違うテイストで飾りつけることができます。 「でも、花束を小分けにするってどういうこと?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。そこで、次にその点についてご紹介します。 ④花束を小分けにして飾ってみる 花束を丸ごと飾る花瓶や代用品がない方だけでなく、花束を一度丸ごと飾ったけれども、そのあと少し違った楽しみ方をしたい、という方にもおすすめです。 まず、このように、花束を結わいている紐/ゴムをとってばらし、 その後、長さを適宜切って調節しつつ、一輪挿しや家にあるコップやジャーに飾りつけます。 このように、いくつかの花瓶や入れ物を並べておいても素敵ですし、家の様々なところ(玄関、キッチン、リビング、テレビの横、など)に分散して置くと、花が目に入る回数が増えたりして、より幸せな気持ちになれるかもしれません。 こちらは、実際にRegularサイズの花束を様々な花瓶や器に小分けにして飾ったものです。花束として飾ってももちろん素敵ですが、こうやって分けてみるのもまた違った気分が味わえて良いですよね。 ぜひ、様々な花瓶や入れ物を使って、アレンジを楽しんでみてください。   ■関連記事「F. [éf]の花束が届いたら」「花束の後の楽しみ方:ドライスワッグにする」
view more
花束の後の楽しみ方:ドライスワッグにする

花束の後の楽しみ方:ドライスワッグにする

しばらく花束を花瓶に飾って生花としてお花を楽しんだ後、お花を逆さに吊るすことで簡単にドライフラワーとしても楽しむことができます。 この記事では、そのやり方をご紹介します。 ①ドライにするお花に絞る まず、傷んだお花は除去しましょう。さらに、もともとお花自体に水分の多い花材は、ドライフラワーにしてもあまり綺麗にドライにならない場合が多いです。そのため、ユーカリなどの葉ものや、もともと少しカサカサとした質感のお花、あとはバラやデルフィニウムなど、ドライフラワーにしやすいお花にしぼると、より綺麗にドライスワッグを楽しめます。 以下のように、一度ばらして花材を分類してみるとよいでしょう。 ②壁掛け用に束ね直す 次に、ドライスワッグは壁にかけることが多いので、壁にかけた時に綺麗に見えるように、壁掛け用に束ね直しましょう。花束をそのまま逆さにしても良いですが、壁に当たる部分の花はほとんど見えなくなってしまうため、葉ものなどの長さのあるものを背中側にすると、壁にかけても色々な花材がバランス良く見えるようになります。 ③きつめに縛る 紐でできつめに縛りましょう。なぜきつめかというと、ドライフラワーになると茎が痩せてきて紐が緩んでくるからです。 使用する紐は、麻ひもがおすすめですが、お持ちでなければ、Regularサイズの花束のラッピングに使われているラフィアを数本とって代用したり、Smallサイズの革ひもを代用するのも良いです。 ④壁に吊るす 直射日光の当たらない、風通しのいい場所を選んで吊るしましょう。写真のようにドアに引っ掛けるところがあればそこでも良いですし、カーテンレールにつるしたり、マグネットのついたフックを使ったりしても良いです。 季節にもよりますが、2〜3週間吊るしておくと、完全にドライフラワーになります。 いかがでしたでしょうか。生花だと1週間〜長くて2週間といったところですが、ドライフラワーにすれば、数ヶ月楽しんでいただけます。思い出の花束を、長く楽しんでみてください。   ■関連記事「F. [éf]の花束が届いたら」「F. [éf]の花束にぴったりな花瓶の選び方」  
view more
"Prologue"のアナザーストーリー

"Prologue"のアナザーストーリー

紫と黄緑のコントラストが印象的な"Prologue"。スイスの野に咲く紫と黄色と白のお花を集めたような、春の訪れを感じさせてくれる花束です。 メインの花材は「スターチス」と「ソリダゴ」。 スターチスは様々な種類がありますが、より紫の色味を強く濃く出すために、太めのタイプをチョイス。しばらく飾っていると、愛らしい白い小花をぷちぷちと咲かせてくれます。カサカサとした質感で、ドライフラワーにしてもあまり色が変わることがなく、長く楽しんでいただけるお花です。 ソリダゴは、最初黄緑ですが、次第に黄色い小花を咲かせ、どんどん黄緑よりも黄色の印象が強くなってくるお花です。写真では黄緑感が強く、お届け時のイメージに近いですが、やがて紫と黄色の補色が際立ってきて、より華やかな雰囲気に変化していきます。飾っている間の変化をぜひ楽しんでいただきたい花束です。 ちなみに、この花束は、Founder自身の思い出の花束から着想を得てデザインしました。Founderが、転職する際に、大切な仲間たちからもらった花束。それは、仲間たちからの感謝とエールが込められた、未来への希望の花束でした。この花束は、消えてしまってもなお、ずっと心に残り続けています。 "Prologue"も、誰かが大切な人に感謝や愛情、友情を伝えられる花束でありたいと思っています。 女性に贈っても、男性に贈っても、きっとしっくりくる花束。 あなたの思いが、大切な人に届きますように。
view more