緑の花がある暮らし。-10月お届けのお花でドライブーケを作る-


お花をお届けして20日目。日々のお手入れで花材の丈も短くなり、花材の質感、香り、お手元に残った花材など大きく変わっているかと思います。今月お届けいたしました花材はまだまだフレッシュな状態でお楽しみいただけます。
お手元に残った花材でおすすめのお楽しみ方をご紹介いたします。

 

ドライブーケで楽しむ

F. [éf]では、生花でお花を楽しんだ後にドライスワッグとしての楽しみ方をご提案しておりますが、今月は、どの花材も綺麗な状態でドライフラワーにもなる花材となっているため、逆さに吊るしてスワッグとしても、そのままお水を抜いた器に飾って楽しめるドライブーケの作り方をご紹介いたします。

ドライブーケの作り方は3ステップ。
必要な道具は、ハサミと紐(花束のラッピングの紐や麻紐など)。

①枝物(ベニバスモモやスモークツリー、石化ヤナギ)をほうき状にそれぞれずらして、利き手とは反対の手で茎元を握ります。

 


②①で握った枝物に、ワレモコウ、ススキをそれぞれ上に重ねていき、まとめて握っていきます。




③最後にアジサイを低めに重ねて、握っている箇所を紐できつく結び、完成です。

 

作り方のポイントは、「花材に高低差をつける」です。紐を結ぶのが難しい場合は、握った箇所を輪ゴムで先に束ねてから紐で結ぶと簡単に結べます。

 

空いた花瓶や器に飾ることでそのままの状態でドライフラワーになります。
また、風通しの良い場所に飾ることでより綺麗な状態でドライフラワーになっていきます。
ぜひお試しください。