フローリストの想い

F. [éf] のPartner Flower Shopとして参画してくださっている東京都目黒区のフラワーアトリエ「figue」さん。
長年業界で活躍してきたフローリストとして、花束のデザインに関してコラボレーションさせていただいているほか、花材の仕入れや束ねる一連のF. [éf] のサービスプロセスにてご協力いただいています。

その代表をつとめる鈴木 梨紗子さんに、F. [éf]のお花にどのように向き合っているかを伺いました。

 

 

「花はそのままでも美しいものです。
そこに人の手を加えることで完成する美しさは、誰かにお花を贈りたいと言う温かい気持ちだと思っています。

その温度のまま届けられるよう、素材選びから組み合わせ・デザインまで、F. [éf]のメンバーと共に真剣に考えました。

送り主様は、注文してから。
もらい手様は届いてからがストーリーの始まりです。

温かい気持ちが変化を遂げながら長く楽しんでもらえるよう仕入れからこだわって制作していきます。」

 

-

 

「また、F. [éf] の花束は一つ一つにストーリーがあることが特徴。
だからこそ、ただ束ねるだけではなく、ストーリーにあった組み合わせやフォルムを大切にしました。

小さな事かもしれませんが、花贈りの気持ちに恥じないよう、細部までこだわってお届けしていきたいです。

同じ花材を使っても、お客様をイメージしながら束ねますので、その方らしい花束になるのではないかと思っています。素材や、デザインは決まっていても唯一無二の花束だと思っています。それが花束の面白さでもあります。」

 

-

 

「花には季節があります。
それを表現するために、メインに添える素材達を 季節によって伸びやかにしたり、キュッとしたり、さりげなく変化をつけています。

自然界では、同じ品種でも暑い時と寒い時では、色のでかたや、フォルムが全然違います。
素材本来のフォルムを大切に、自然の豊かさをお届けできたら良いなと心がけています。」

 

-

 

「花をどのように楽しんだらいいか、という声があります。
けれど、花に決まりはありません。だからこそ、自由に楽しんでもらいたいです。

人と花が心地よく過ごせるように、花の声を聞いてケアしてもらえると嬉しいです。最初は水換えや面倒なことも、触れる事で知れる幸せがそこにあります。

誰かの人生の中に、花と過ごすキッカケになれたら嬉しいです。」

 

-

 

figue director / flower designer : 鈴木 梨紗子

たくさんの花があることを知り花の世界へ。生花店にて花の知識、技術を学ぶ。
ギフトフラワーをはじめ、レストランウェディングやハイブランドのイベント装花経験を積み造形理論が発達しているドイツへ短期留学。花に対する世界観を広げ独立。
日々のギフトフラワーやオリジナルウェディングなどの空間装飾から、現在ではCM広告やアパレルブランドの撮影スタイリングなども手がけ、花を使った表現は多岐にわたる。