"Wonderland"のアナザーストーリー

ピンクの小花が印象的な”Wonderland”。
大振りのお花がどんと主役の花束を見慣れている方には、大小様々な草花でまとめられたこの花束は新鮮に感じられるかもしれません。

メインの花材は「ワックスフラワー」と「リューカデンドロン」。

ワックスフラワーは白〜ピンクの小花で、花びらの表面がろう細工のろう(ワックス)がかかったような光沢があることから、ワックスフラワーと言われています。触っていただくと、ろうそくの表面を触っているようなしっとりとした質感がわかります。
この独特な質感と繊細な色味が、Wonderlandのストーリーにある繊細な人物像を表現してくれると思い、チョイスしました。

また、リューカデンドロンは赤茶のひらひらとした部分。赤茶の葉っぱのように見えますが、これは苞(ほう)で、その中に花が包まれています。赤茶以外にもグリーンもありますが、温かみのある人物を表現するために赤茶をセレクトしています。

どちらもネイティブフラワーと呼ばれる、南半球に自生する花々で、まさしくF. [éf]の世界観を体現してくれている花たちです。

飾る方が、喜んでくださいますように。

x