“Sincere”のアナザーストーリー

たくさんの赤い実がとても印象的な”Sincere”。

グリーンの中にモミも入っているので、クリスマスっぽい雰囲気を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

メインの花材は「ヒペリカム」と「バラの実」。

ヒペリカムはドングリのようなぷくっとした形と、実のすぐ下につく丸襟のような緑色のガクが特徴。赤以外にもピンクやクリーム色、黄緑、オレンジなど様々な色がありますが、”Sincere”のストーリーにある温かみのある人物像を表現するために、赤を選びました。

バラの実はその名の通りバラの花が終わった後につく実。緑色の実から徐々に赤く熟した実になっていきます。ヒペリカムよりは少し小さい実で、枝の先に密集してつく様子が秋冬を感じさせてくれます。

飾る方が、ほっこりとした気持ちになってくださいますように。

x