"Rapture"のアナザーストーリー

しっとりとした質感を思わせる"Rapture"。
「with rapture」は「うっとりとした」という意味ですが、その名の通り、うっとりと見つめていたくなるような、気持ちを豊かにしてくれる花束です。

メインの花材は「ニゲラ」と「バラ」。

ニゲラは様々な色がありますが、青や白の色味をチョイスすることで、花束全体の優しい雰囲気を引き出しています。
糸のように細い葉が互い違いに生えていて、繊細な印象も与えてくれるお花です。
花びらのように見える萼(がく)もとても繊細で、はらはらと落ちやすいですが、萼が落ちきっても糸のような葉がとても個性的でそれ単体でも魅力的なので、長く楽しんでいただけます。

バラは、白のスプレー咲きの物をチョイス。花の部分が丸っこくて可愛らしいバラなので、いわゆる一本咲のバラと異なる雰囲気を楽しんでいただけます。

"Rapture"は、贈って喜ばれる華やかさもありながら、とても生活に馴染む花束です。

受け取った方の日々の生活が、少しでもより豊かなものになるように、願いを込めて。

x