ヒメヒマワリの魅力

Glowのメイン花材のひとつ、ヒメヒマワリ。
パッと明るく元気の出る山吹色の小輪のお花です。
花びらが幾重にも重なり、鞠のように丸く咲く姿は愛らしくも感じます。

ヒメヒマワリはキク科ヘリオプシス属のお花で宿根草のお花です。
原産は、北米と言われており原種は、一重の黄色のマーガレットのような花形をしています。
明治時代中頃に日本にやってきたと言われており、「キクイモモドキ」とも呼ばれていました。
ヒマワリのお花と比べてお花の大きさが小さく、ヒマワリが旬を迎える時期に山吹色のお花を咲かせることから「ヒメヒマワリ」として親しまれてきました。

ヒメヒマワリのお花としても特徴は、なんといっても「日持ち」が印象的です。
通常のヒマワリの日持ちは、1週間〜10日ほどとされていますが、ヒメヒマワリは2週間〜3週間ほど楽しむことができます。
1本にたくさんのお花がついてるので蕾のお花も徐々に咲いていきます。
花びらも散らずに、比較的色が変わらずそのままの状態で枯れていくのでドライフラワーとしても長く楽しむことができます。

ヒメヒマワリのお手入れ方法は、とても簡単です。
お水替えの際に、茎の先端部を1cmほどハサミで切るだけです。
一緒に他のお花の茎も同様に切っていただくと花束をより長くお楽しみ頂けます。
ヒメヒマワリは1本にたくさんのお花がついているので、お花の茎の先端部の断面が汚れで詰まってしまうとお花が全体的に萎れてしまうことがあります。
お花の元気がない場合は、茎を切ってもらい綺麗なお水に飾っていただくと元気になります。

Glowでは、ドライフラワーとしてお楽しみいただけるお花として、アワ、ブロニア、ドラセナを使って束ねております。夏の思い出としてGlowでミニドライスワッグ作りもオススメです。
是非お試しください。

 

 

(Glowの商品詳細はこちら

x