センニチコウの魅力

Adoreのメイン花材の一つ、センニチコウ。

しっとりとした質感のバラの横で、乾いた質感と白のアクセントを加えてくれる、まさしくAdoreF. [éf]らしくしてくれる大切な花材です。

センニチコウは、いくつかの種類があり、その種類に応じて、赤、ピンク、白、黄色、紫など異なる色の花を咲かせますが、
花そのものではなく紫やピンク、白、黄、赤に色づく苞(ほう)を私たちは観賞しています。

漢字で書くと「千日紅」と書き、その名の通り千日とはいかないまでも、長い間色があせずに綺麗に鑑賞できるため、少しずつ人気が出てきている花材です。

生花の状態でも、暑さや乾燥に強く、日本の気候にも負けずに長期間咲き続けます。

ドライになっても色があせにくいため、Adoreをしばらく生花で楽しんだあとは、センニチコウとグリーンのみに縛り直してスワッグなどのドライアレンジにして長く楽しんでみては。

x