"Embrace"のアナザーストーリー

フレッシュなグリーンが印象的な"Embrace"。
夏に向けて、お部屋の雰囲気を明るく爽やかにしてくれる花束です。

メインの花材は「バラ」と「テマリソウ」。
全体がグリーンなので、まさかバラの花束だと思わなかった方もいらっしゃるのでは。

このグリーンのバラは、「エクレール」という種類のバラです。
通常のバラと異なるのは、淡いグリーンという珍しいカラーであることもそうですが、花が小ぶりで芽キャベツのようにぷっくりとしていて、さらに、1本の枝に1輪の花が咲くのではなく、1本の枝にたくさんの花がつくスプレー咲きであることなどがあります。
それでも、葉の形や、トゲがある点などから、やはり依然としてバラであることがわかります。

F. [éf]では、最も王道なお花であるバラを使うとしても、F. [éf]らしくユニセックスに、そして新しいお花に出会っていただくことを目指しています。
だからこそ、今回このエクレールをチョイスしました。

また、一緒に組み合わせたのは「テマリソウ」。
花びらが無く、ガクのみのお花で、丸っこくふわふわとした形と質感がとても素敵なお花です。日本の華道でも使われることがよくあります。

グリーンのバラにグリーンのテマリソウ。
少し攻めた組み合わせをしてみたのは、普段切り花などのお花よりも、観葉植物などのグリーンが好きな方や、男性にも喜ばれる花束を作りたかったから。
また、Embraceのストーリーにもある通り、今の難しい状況下でも、お家で爽やかで明るい気持ちになっていただきたいという気持ちがこもっています。
実物を見ると、そのグリーンのフレッシュさ、華やかさを体感していただけると思います。

父の日にも喜ばれる花束と思っております。
受け取った方の日々の生活が、少しでもより豊かなものになるように、願いを込めて。

x