アスチルベの魅力

Sceneryのメイン花材のひとつであるアスチルベ。
円錐型の花形にふわふわな細かいお花を付けます。

アスチルベは園芸品種として20世紀ごろ欧州で品種改良をされ、園芸品種として親しまれてきました。
アスチルベは、紫陽花と同じく基となる日本の在来種が海外に渡り、多くの品種が生まれ日本に戻ってきました。
掛け合わせの基となった日本在来の山野草の「アワモリショウマ」や「チダケサシ」などの在来の品種は今でも初夏の山で見ることが出来ます。
アスチルベは、クリーム色、淡いピンク色などパステルカラーが多く、綿のようなお花の質感と相まって優しく柔らかい印象を与えてくれます。


Sceneryでは、もう1つのメイン花材のバラと組み合わせることでバラが持つ華やかさを残しつつ、アスチルベがグリーンと調和し華やかさと優しさ、温もりを感じさせます。

アスチルベの切り花のケア方法は、乾燥に注意して、直射日光が当たる場所や、風さらしの場所に置かないようにしましょう。
稀に花瓶に飾っているとアスチルベのお花は先端が下を向いてしまうことがあります。お花のお水が下がってしまっている状態なので、その際は、茎を1㎝ほどハサミで切り戻しを行い、葉が付いている場合は取ってあげると先端までお水が行き渡りやすくなります。

Sceneryでは、アスチルベのひとつひとつのお花が先端まで咲いていく姿、バラの咲き進むにつれて花びらの色が変わっていく変化を満開まで生花で楽しんでからドライフラワーにする楽しみ方をおすすめしております。

アスチルベはドライフラワーとしても簡単に綺麗に楽しめるお花です。
乾かす際は、アスチルベもバラも逆さまに吊るすことでお花が下を向かず先端まで真っ直ぐな状態でドライフラワーにすることが出来ます。ぜひお試しください。

 

Sceneryの商品紹介はこちら

x