リューカデンドロンの魅力

Wonderlandのメイン花材の一つ、リューカデンドロン。
南アフリカ原産で、オーストラリアをはじめとする南半球から輸入されて日本にやってきます。
エキゾチックな形と色味が今っぽい、ネイティブフラワーを代表する花の一種です。

様々な品種があり、種類によって形も少し異なるのですが、
今回Wonderlandで使用しているリューカデンドロンは、一見葉っぱだけのようにも大きな花びらのようにも見えるタイプ。
でも、ちゃんと中に松かさのような形の小さな花があり、それを包む苞(ほう)と呼ばれる部分を私たちは鑑賞しています。

少ししっとりとしつつ肉厚でしっかりとした苞が、この花の生命力の強さを感じさせてくれ、見る側にもパワーを与えてくれる気がします。幾重にも重なるようについた苞のつき方も、独特で見ていて楽しいのでは。


花持ちが良く、ドライフラワーになってもあまり色や形が変わりません。
Wonderlandのもう一つのメイン花材であるワックスフラワーとともに、花束を丸ごとドライフラワーにして長く楽しんでいただくことも可能です。

ぜ実際に手にとって、間近で鑑賞してみていただきたいお花です。

x